グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



立石諒選手の祝勝会が行われました


ホームニュース&トピックス立石諒選手の祝勝会が行われました

立石選手よりロンドンオリンピックの凱旋報告をいただきました

糸山総長・理事長より表彰状を授与される立石選手

9月19日(水曜日)、ロンドンオリンピック競泳男子200m平泳ぎ銅メダリストの立石諒選手(本校2008年卒)の祝勝会が大学大講義室で行われました。
当日は3年生を中心に在校生およそ700人と保護者が集まり、会場で直接祝勝会に参加出来なかった在学生には各教室に祝勝会の様子を映像配信しました。

「こうして母校で良い報告が出来て嬉しいです。目標を持って努力を重ねていくことが大切。」

立石選手の入場は会場からの大きな拍手と歓声で迎えられました。
祝勝会では糸山英太郎総長・理事長より立石選手へ直接表彰状が授与され、オリンピックでの功績を称えられました。
立石選手からは母校で凱旋報告が出来たことへの喜びと、後輩達へ向けたメッセージを頂きました。

オリンピック2大会連続銅メダリストの中村礼子さん(右)が
花束贈呈のプレゼンターとしてサプライズ登場

そして同水泳部先輩でありオリンピックメダリストの中村礼子さん(アテネ五輪・北京五輪競泳女子200m背泳ぎ2大会連続銅メダリスト・本校2001年卒)が糸山総長・理事長よりのビッグサプライズで登場し、中村さんより立石選手への花束贈呈がありました。中村さんからはオリンピック出場への基盤が高校生活にあった事など、思い出を語って頂きました。

糸山総長・理事長を囲んでメダリストの先輩と記念写真
先輩に続いてオリンピック選手の誕生が期待されます

この会に併せて今年度インターハイで総合2連覇を果たした水泳部女子と同大会男女入賞者の表彰が同時に行われ、メダリストの活躍と共に祝福されました。

偉大な先輩に向けて水泳部から大きなエール

水泳部員からは立石選手、中村さんへ向けてエールが送られ、盛り上がりを見せるなか閉会となりました。

ページの先頭へ