グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



アジア大会銅メダル獲得:小堀倭加さん(3年)


ホームニュース&トピックスアジア大会銅メダル獲得:小堀倭加さん(3年)

長谷部校長先生、小堀倭加さん(3年)、三好先生(水泳部顧問)

2018年8月19日、ジャカルタ・アジア大会第2日が行われ、東京五輪新種目となる女子1500メートル自由形決勝で本校水泳部の小堀倭加さん(3年)が3位に入り銅メダルを獲得しました。
今大会の競泳日本チームでは先陣を切っての初メダル獲得です。
メダルを狙って挑んだ1500メートルのレースでは、国際大会で初の表彰台となりました。

8月23日ジャカルタ・アジア大会第6日、競泳女子800メートル自由形において、小堀倭加さん(3年)が自己ベストを更新する8分30秒65で銅メダルを獲得しました。1500メートル自由形決勝の銅メダルに続き今大会2つ目のメダルです。
「2年後の東京五輪では決勝の舞台でしっかり海外の選手と戦いたい」と目標が明確になりました。

8月21日に行われた女子4×200mリレーでも予選に出場し、銀メダル獲得に貢献しました。今後の飛躍が楽しみです。

ページの先頭へ