グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



体育コース



スポーツを通じて、生きる力を身につける

すぐれた体育技能をもつ生徒でクラスを編成します。
関東大会・全国大会出場を目標に高いレベルで部活動に取り組み、スポーツを通して「集中力」や「忍耐力」を養い、協調の精神を育てます。
体育コースの生徒は学校が指定する特定の部に所属するため、3年間部活動を継続する意志が不可欠です。また、他のコースへの転向はできません。
体育コースの入学試験は他のコースと異なります。詳しくは募集要項をご覧ください。

進路データ(過去3年間の主な合格先)

私立大学 早稲田大学/慶應義塾大学/明治大学/青山学院大学/立教大学/中央大学/法政大学/日本大学/東洋大学/駒澤大学/専修大学/神奈川大学/玉川大学/東京農業大学/東海大学/帝京大学/国士舘大学/拓殖大学/桜美林大学/立正大学/東京経済大学/日本体育大学/日本女子体育大学/山梨学院大学/国際武道大学/城西大学/関東学院大学/文教大学/松蔭大学/大正大学/産業能率大学/横浜商科大学/桐蔭横浜大学/帝京平成大学/湘南工科大学
短期大学・専門学校 日本体育大学女子短期大学部/神奈川県立平塚看護専門学校/大原学園専門学校/横浜医療専門学校/日本リハビリテーション専門学校/横浜リゾート&スポーツ専門学校

卒業生からのアドバイス

全国大会を目標に3年間部活を頑張りました。
体育コースは他のコースと違い、保健体育の授業が充実しています。そして6限目には「競技体育」という時間割があって、他のコースより早く部活に参加することが出来ます。おかげで練習に励むことが出来ました。
また、設備(グラウンド、体育館、プールなど)がとても充実していて、スポーツするには最高の環境でした。
僕は野球部に所属していました。野球部は僕と同じ体育コースの生徒がたくさん集まっていて、非常にレベルが高いです。レベルの高い仲間にたくさんの刺激をもらい、最高の経験をさせてもらいました。中学校とは違い、時には厳しかったですが素晴らしい環境の中、成長できました。
野球部のことばかり書きましたが、他の部活(テニス、卓球、バスケットボール、体操、剣道、ハンドボール、サッカーなど)も全国クラスの部活が多く、非常に刺激をもらいました。
最高の環境、レベルの高い仲間、熱心な先生方との3年間は、僕にとってかけがえのない時間でした。

ページの先頭へ