グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



介護施設で訪問演奏会:フォークソング部


ホーム部活動レポート介護施設で訪問演奏会:フォークソング部

フォークソング部が老人介護施設で訪問演奏会に参加しました

4月29日(水)昭和の日、フォークソング部が近隣の老人介護施設で訪問演奏を行いました。
当日はアコースティックを演奏する部員10名が参加し「元気よく笑顔で演奏」を心がけ、お年寄りと楽しい時間を共有しました。

フォークソング部顧問 田所先生より 

 かねてより近隣の介護施設グループホームからフォークソング部の演奏会を開いてほしいという申し出があり、生徒に話をしてみたところ演奏会に意欲的であった為、アコースティックを演奏している生徒中心に参加することとなりました。

 事前に生徒から「どんな曲を演奏したらいいのか?」、「古い歌を歌ったらいいのか?」の相談を受けましたが「高校生と一緒の空間にいるだけでもうれしい事だと思うから、いつも演奏している歌でいいので元気よく笑顔で演奏するように」とアドバイスしておきました。

 4月29日(水)昭和の日、10人の部員が5つのグループに分かれて、
お年寄り12~3人と職員の前で演奏会は始まりました。
自分たちの持ち味をだした歌や演奏、お年寄りにわかる曲「上を向いて歩こう」や
「さくら」NHKの朝の連続ドラマの曲など、誰もが楽しめる曲を取り混ぜたり、
演奏の合間にお年寄りと話をしながら素晴らしい雰囲気で進行しました。

3年の女子生徒を中心に「年下の男の子」を全員で歌って演奏会は終了。お礼におじいさん、おばあさん手作りのミサンガを全員にプレゼントして戴きました。

後日戴いた礼状からも演奏会が大成功であった事がうかがえます。良い雰囲気の演奏会を支えた生徒の力に感動しました。毎年フォークギターで生演奏をする生徒が多く存在するとは限りませんが、生徒が前向きに考えていればこの演奏会は次年度以降も開催されると考えております。
フォークソング部顧問  田所  斉

当日の様子、参加部員の感想

・機会があればまた参加したい
・お爺ちゃんお婆ちゃんが(手拍子で)喜んでくれていた
・歌に合わせてバンザイしてくれてた(ウルフルズ:バンザイ)
・また活動があればレパートリー(昔の歌等)を増やしたい
・(NHK:花は咲く)口ずさんでくれていた。この選曲は大成功だった

参加部員(3年生):保宮、小野、小糸、岡本
参加部員(2年生):藤村、時田、椋梨、沼澤、佐藤、井上

ページの先頭へ