グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



祝関東選抜卓球新人大会優勝


ホーム部活動レポート祝関東選抜卓球新人大会優勝

平成25年12月22日~24日の期間、山梨県で開催されました第17回関東高等学校新人卓球大会 兼 第41回関東高等学校選抜卓球大会において2年ぶり8度目の優勝を果たした卓球部。春の全国選抜、その先のインターハイに向け更なるレベルアップを目差しています。

全国上位入賞を視野に日々精進を続ける卓球部員。この日一番の笑顔で応じてくれました。

武田監督より:関東選抜卓球新人大会優勝について

以前弱点であった攻撃力での得点部分が上がり、この大会を勝ち抜く事が出来ました。また夏に負けた相手の高校にも勝ち、良い形で全国選抜に繋げる事が出来たと思います。去年の夏の敗戦では技術面での差はありませんでしたが相手のボールを強く打ち返せなかった、打ち返しても威力やスピードが無い為打ち返される、こちらが攻撃(打っている)しているのに相手に盛り返される事が多く見られました。その夏の敗戦から関東選抜まで意識したのは攻撃力、パワー強化でした。ダッシュ、ランニングによる足腰や体力の強化、体幹トレーニング、攻撃面を意識したラリー戦。手がぶれずに力が伝わる力強い振りを養いました。
全国に出ればよりパワーのある選手もいるし、体の作りも一回り大きい選手が沢山いる。その為には今以上パワー強化を目差す必要があるので現在も継続しています。また「打ち返す」意識を常に高めておくよう指導しています。

加藤健太主将コメント

関東選抜大会ではダブルス、シングルスともいくつかセットを落としましたが、2年生でそこを上手くカバーし合ってなんとか勝つ事ができました。
来年度夏のインターハイのシード権を獲得する為に春の選抜でベスト8に入って来年の夏に繋げるようにしたいです。

ページの先頭へ