グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


  1. ホーム
  2.  >  入試情報
  3.  >  新図書館創設プロジェクト

新図書館創設プロジェクト


2022年度完成予定の新図書館をより良いものにしたいとの思いで、生徒・教員・企業が一体となりプロジェクトがスタートしました 。

生徒・教員・企業が一体となって目指す
SHOKOならではの「他にはない魅力的な図書館」

図書館の始まりは、エジプトの都アレクサンドリアにあった図書館だと言われています。アレクサンドリアは、古代における学問の都でした。こ の頃、本は非常に貴重なもので、道ゆく旅人が本を持っていると、半強制的に本を写しとって蔵書を増やしたと言われています。それくらい重要だった本の価値は、現代では変わってしまいました。インターネットには多くの情報が溢れています。しかし、本当に重要な出会いは、本の中だけにあるのではないと考えます。同じ学校で学ぶ友人からも多くの学びを得ることができるような、先輩・後輩・クラスメイトから多くを学ぶことができるような、現代なりの図書館を目指しています。

プロジェクトの進行を通して
生徒が実践的な社会経験を積める


2019年からスタートした「新図書館プロジェクト」は、生徒・教員・企業(デザイナーや建築家など)が一体となって、「他にはない魅力的な図書館」を創ることを目指しています。オンライン会議を通して、教員や企業の方と一緒にプロジェクトを進行していく経験は、生徒にとっての今後の人生やキャリア教育の観点からも非常に貴重や経験となっています。このように『生徒が実践的な社会経験を積むことができる』ことも、SHOKOならではの特徴といえます。

図書館の大切な役割は、友人と知識を分かち合えること。ふとしたことから議論が始まる階段のような場所も大切な空間

新図書館前の広場には
昼休みや放課後に多くの人が集う


新図書館前に設置される広場のイメージです。新図書館は 、軒下空間や2Fテラスを通して、まわりの広場とつながります。昼休みや放課後になると、様々な学年やコー ス、部活をしている人たちが集い、新しい発見や出会いが生まれるような居場所を作ります。

新図書館キャッチコピーMEETING

生徒たちが創造性を発揮しながら理想的な図書館の姿を探究中!

学校の図書館とは、単に本が読める、静かに勉強に取り組める場所でいいのでしょうか?2019年に私たちは、理想的な図書館とはどんなものか生徒・教員目線で探るためのワークショップを実施。2020年からは、生徒代表である図書館大使を中心に、オンライン上でいろんなものを作ったり、対話したりしながら、SHOKOにとっての理想的な図書館の姿を探しています。

どんなことをしているの?

オンラインワークショップを実施

コロナ禍はリモート中心に活動。オンライン会議ツールのMiroを使って、お互いの考えを直接会っているかのように共有したり、ビブリオバトルを実施したりすることで、様々なアイデアを生み出すことができました。対面で話せなくても、工夫と想像力さえあれば、新図書館プロジェクトの可能性は無限大です。

新図書館アイデアコンテストの実施

『新図書館でこんな風に過ごしたい』を作品にしよう!といったような趣旨で全校生徒と全先生を対象にアイデアコンテストを実施中です。絵や写 真をはじめ、レゴやマインクラフトを用いて、アイデアを自由に表現してもらいました。創造性あふれる作品が集まりました。コンテストの結果が待ち遠しいです。

自らWebサイトを立ち上げ、定期的に情報発信(Miroを活用)

ワーク内で出た意見やアイデアはもちろん、活動内容全般についてこのサイトにまとめています。当事者である生徒自らが新図書館利用者の目線や気持ちを大切にしながら、情報発信に努めています。また、プロジェクトの軌道修正をしながら、その内容を整理、発信する経験は、社会人になっても必ず役に立つと思っています。

EAU 設計事務所 安仁屋宗太さんより

手探りの中で続けてきたSHOKOならではの図書館づくり。あの生徒さんの豊かな感受性、あの先生の赤裸々な本音、みなさんの一つ一つの積み重ねがいよいよカタチになってあらわれます。2023年春オープン(予定)が楽しみです!

MIMIGURI ワークショップデザイナー 猫田耳子さんより

先生でも家族でもない企業の人という立場でこのプロジェクトに関わり、早4年目。定期的に開催している新図書館のアイデアを考えるワークショップも、完成に向けていよいよラストスパート!建物は出来てからが始 まりです。完成後も自分たちのための図書館を是非自分たちで創り続けて欲しいです。

本校の「新図書館プロジェクト」PR動画3部作の第2弾です。

実は、私たち図書館大使2人が
このページを企画し、形にしました


多くの生徒が青春を過ごす空間を生徒自ら企業の方、先生方と共に創造する。1回1回のワーキングがとても刺激的で今までない新たな出会いが待っています。そんな活動に皆さんも参加してみませんか?

アドバンスコース 2年 横溝 莉音さん(写真左)

普段は企業の方々とメールや会議を通してプロジェクトの企画等を実施しています。こんな経験ができるのは新図書館プロジェクトをおいて他にないです。訪れると新たな学びと出会いがある、そんな図書館を創りたいです。

アドバンスコース 2年 田中 杏佳さん(写真右)

新図書館創設プロジェクト、ついに始動!

本校の「新図書館プロジェクト」PR動画3部作の第1弾です。

デジタルパンフレット「新図書館のコンセプトアイディアができるまで」