グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 在校生・保護者の方へ  > 緊急時の対応について  > 気象警報発令時・公共交通機関の混乱時の対応について

在校生・保護者の方へ

気象警報発令時・公共交通機関の混乱時の対応について

平成29年1月19日更新


気象警報発令時の登校については、安全に配慮し、下記のように対応してください。
午前6時、8時、10時の気象情報において、神奈川県湘南地方(平塚市・藤沢市・鎌倉市・茅ヶ崎市・寒川町)に「大雨」「洪水」「暴風」警報のうち2つが同時に発令されている場合、あるいは「津波警報」「大雪警報」のうち1つが発令されている場合は自宅待機してください。この場合、遅刻・欠席扱いとしません。なお、神奈川県の他地域の居住者で、居住地域に警報が出されている場合には、無理をせずに自宅待機をしてください。この場合は、遅刻・欠席扱いとしません。
また、公共交通機関が大幅に乱れた場合、運転再開後、安全を確保し登校してください。遅刻等の扱いは、学校が各交通会社に内容を確認の上、一斉指示をします。

*学校からメール配信・携帯版ホームページ・緊急連絡網等で指示をする場合があります。
 携帯版ホームページ http://www.sh.shonan-it.ac.jp/m/
*大型台風の接近などによって、警報発令の可能性が高い時は、注意報段階で予め休校(半日の臨時休校)を決定する場合があります。
*警報の発令の有無は、テレビ・ラジオ・インターネット・電話(177)等で確認してください。
*登校後、警報・注意報の発令状況と気象予報、交通機関の状況により、授業やその他の活動の打切りが必要と校長が判断した場合は、身の安全に気をつけて早期下校の指示をすることがあります。
※上記条件に当てはまらないが、局地的な天候異変があるなど登校できない場合。
・無理して登校せずに状況を学校に連絡し、自宅待機または登校途中の場合は帰宅または待機する。
・登校できるようになったら、無理をせずに登校する。