グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 部活動レポート  > バドミントン部男子が県大会に出場しました

部活動レポート

バドミントン部男子が県大会に出場しました

バドミントン部男子が県大会に出場しました

 2016年9月から始まりました「県高等学校バドミントン新人大会 地区予選」において、男子が個人戦(ダブルス・シングルス)、団体戦ともに上位入賞し、9年ぶりに県大会出場を果たしました。県の新人大会は、11月3日~23日に開催され、そのときの模様を顧問の先生や部員の方々にうかがいました。


平成28年度 神奈川県高等学校バドミントン新人大会 主な結果
男子ダブルス松本 祐介(2年)・小林 歩夢(2年) 
川口 龍生(2年)・髙橋 航平(1年) 
地区県予選5位→県大会2回戦進出(県ベスト32)
地区県予選7~8位
男子シングルス松本 祐介(2年) 地区県予選5位→県大会初戦敗退
男子学校対抗松本 祐介(2年)・小林 歩夢(2年) 
川口 龍生(2年)・髙橋 航平(1年) 
土屋 奎太(2年)・冨岡 大樹(2年)
山口 拓弥(2年)
地区県予選7位→県大会2回戦進出(県ベスト32)
女子ダブルス城戸 輝帆(2年)・阪本 蒼衣(1年)地区県予選7~8位

顧問 佐相 祐介先生

 昨年度より顧問を担当していますが、短期間でここまでの成果をあげられるとは想像していませんでした。最初は、日々の練習をきちんとこなすことから始めましたが、外部からお招きしたコーチの指導を受けながら、練習試合や校外合宿も積極的に行うようになり、着実に力をつけてきたと思います。本当に、部員一人一人のやる気と頑張りが当部の発展の原動力だと思います。県大会出場を果たしましたが、まだまだこれが終着点ではありませんので、今後さらなる飛躍を期待しております。

男子部長 松本 祐介

 県大会に出場できたのは、顧問の先生、コーチ、チームメイト、家族のおかげだと思います。県大会で戦い、まだまだ実力が足りないと分かったので、チーム一丸となって練習し、来春は地区大会優勝、県大会で上位進出の成績を残せるよう頑張ります。